カテゴリ:ガラス作品( 32 )

父の日のグラス


去年から始まった酒高蔵さんの父の日企画!
今年も参加させていただいています。

いろいろな色のグラデーションで作っているシリーズで「しゃぼん玉ぐいのみ」と「グラデーションロックグラス」を出しています。

「しゃぼん玉ぐいのみ」
f0225144_2135232.jpg

底に3色入っているのですが、厚みを変えることによって、色が重なって見えしゃぼん玉のような虹色のような何色もの色合いに見えます。
f0225144_21363224.jpg


「グラデーションロックグラス」
f0225144_21375430.jpg

こちらも3色入っています。夕焼け空のような色合いですね~。
f0225144_21401222.jpg



お酒がグラスに入ると、お酒の色や風合いを邪魔しないで、お酒が入っていない時はグラスの色合いを楽しんでいただけるグラスです。


グラスとお酒、おつまみのセットになった「父の日ギフト」! とってもステキな贈り物ですね~♪ 
よろしければ酒高蔵さん、覗いてみてください。
by ma-glass | 2010-06-10 21:58 | ガラス作品

ガラスのめしわん!?

f0225144_2004882.jpg


陶器のめしわんという言葉が好きです。言葉の響きがやわらかく、やはりお米をよそう入れ物というのが心に響くのでしょうか…

言葉だけではなく、形や大きさも好きなのです。ちょうど手の中に丸くおさまる感じが良いです。

ガラスでお茶碗というと、お茶のお茶碗を言うことが多いです。

f0225144_195977.jpg

さすがにガラスでめしわんという名前をつけるのは難しいですが、せめて好きな形を作ってみました。
泡の小鉢とでも名付けましょうか。

f0225144_19594036.jpg

上から見ると、泡のラインがきれいですね~!
by ma-glass | 2010-06-06 20:07 | ガラス作品

金魚鉢

f0225144_20241222.jpg


ギャラリーさんの依頼で作った金魚鉢です。
私はガラス部分だけを担当したのですが…

子供の頃、自室で金魚を飼っていました。四六時中空気がブクブクしていて、今思えばよくそんな中寝ていたなあ〜と感心します。

なので、金魚といえばブクブクと連想してしまうのですが、今は便利なものがあるのですね〜
水に入れておけば一週間くらい空気が出る?かたまりがあるそうです。

f0225144_20243963.jpg

写真のガラスは10センチ〜12センチの大きさなので、一匹から二匹用の金魚鉢です。
奥の鉢にはめだかが泳いでいるんですよ~!
吊るしても卓上に置いても良いです。

見てると癒されます。ずっと見ていられますね〜(笑)
苔玉に続く癒しアイテムになるかもしれません。


とある事情で告知が出来てなかったのですが… 現在、工房のオーナーとガラス展をやっております。清水寺のすぐ近くですので、観光気分も満喫できます。機会がありましたらお立ち寄りください。

「佐藤聡 松本明子 ガラス展」
6/1(火)〜6/17(水)
AM9:00〜PM6:00 最終日PM4:00迄
朝日陶庵 アートサロンくら
京都市東山区清水1−287−1
075−551−1656
by MA-GLASS | 2010-06-04 12:03 | ガラス作品

はしおき その2

f0225144_20584082.gif


はしおき その2です!
これは、豆皿にもなりそうです。そしておはしもですがスプーンやフォークを置いてもいいです。
意外とスプーンを置くところってなかったりしませんか?ジャムを使った時とか… デザートを食べた時とか…
前回のはしおきもスプーンレストとして使えます。サイドが立ち上がっているので転がらなくていいですね〜

でも今回のはしおき、アクセサリー置きにするって買ってくださる方もいました。
使い方っていろいろですよね。
ちなみに私は、意味もなく部屋の棚とかに飾っています(笑)

上から見たら・・・
f0225144_20591989.jpg

by ma-glass | 2010-05-13 21:02 | ガラス作品

はしおき

f0225144_21301522.jpg



昨日、一日はしおきの研磨をしました。
休み明け、工房はおそろしく暑くなっていて、本当にゾッとしました。連休明けの重たい身体と暑さにやられながら、ひたすら削る・・削る・・

はしおきというアイテムが好きで、いろいろ作ります。
ガラスに限らずステキなはしおきを見つけると、ついつい買ってしまいます。

写真のはしおきは、かたまりじゃないガラスのはしおきがあればいいなと思って作ったものです。


f0225144_2148583.jpg

横から見るとこんな感じで、両サイドが立ち上がっています。
いつもの食卓にちょっとしたアクセントではしおきを使ってみると、ステキなカフェごはんのようになりますねぇ~♪
by ma-glass | 2010-05-07 21:52 | ガラス作品

そばちょこ

f0225144_2238198.jpg



「そばちょこ」・・・なんかいい響きですよね~

以前働いていた工房の師匠曰く、「コップやグラスって言うよりそばちょこという名前のほうが売れる」とのこと・・
まぁ 売れる売れないはおいといて、そばちょこって言う方が味わいがあるというか手に取りたくなるかわいらしさがあるような気がします(個人的な意見ですが・・・笑)

「泡のそばちょこ」と名づけようかなぁ~。
by ma-glass | 2010-04-25 22:42 | ガラス作品

流れる時間

f0225144_21423579.gif


先日、知人がオーナーをしているカフェに行きました。
その方は社長であり、店長であり、料理人であり、あとは何だろう…事務もするし、とにかく一人で何役!?という日々を送っている。一日12時間以上働き、休みもないらしい。
多分、世の中にはそうゆう毎日を送っている人たちはたくさんいるのだろう。
正直、すごいと思う。

最近、日々の時間の流れを考える。ただ、やみくもに流れていっている気がする…
もう少し、もう少し・・・なにかが足りない・・・

そうゆうことをモヤモヤ考えながら過ごしているので、がんばっている人を見るとまぶしい。

ガラスに向き合っている時は真実の時間が流れていてほしい・・・
そんなことを考えさせられる一日でした。

そんな流れるようなラインをもつ(こじつけ!?)写真のガラスは「泡らせんボール」です。泡とガラスの表面に3本の筋が、らせん状に入っています。口元が自然にたわんだやさしいラインの器です。
by ma-glass | 2010-04-21 15:21 | ガラス作品

しゃぼん玉グラス

f0225144_2325838.jpg


なぜガラスが好きなのか・・・

ガラスをやっている人には、それぞれいろいろな理由があると思います。
私は、「透明であること」の一言につきます。

ですので、つくるものも透明なものが多いですし、色を使う場合も透明色を好んで使います。(色ガラスには透明と不透明があります。)

そんな私が色のシリーズでつくっているものの一つが、写真の「しゃぼん玉グラス」です。
いろいろなアイテムや色の組み合わせでつくっているので、またちょっとづつアップしたいと思います。

f0225144_2385996.gif

色は3色だけ使っているのですが、底の厚みをかえているので、見る角度によって色が重なって見え何色にも見えます。
色の感じがしゃぼん玉のような虹のような・・・
ほのかな色合いが好きです♪
by ma-glass | 2010-04-14 23:12 | ガラス作品

一年前…

f0225144_2042999.jpg


去年の今頃のことをふと思い出します。
とても濃い毎日を過ごしていたのです。

去年の4月2週目から作品展をしました。陶器の作家さんとの二人展でした。久しぶりにガラスは私だけの展覧会だったので、気合いが入りすぎて自分で自分を追い詰めていたような気がします。
年明けから作品を作りまくり、今頃は作業のMAXを迎えていたのですが、思うようにいかなかったり、いろんな準備に追われ、精神的にも追い詰められ本当に夜も眠れない日々でした。
毎日、必死すぎて目が吊り上がっていたような気がします。

でも、今振り返ると良い日々でしたね。そして、良い経験でした。少しは成長できたように思います。

展覧会も盛況で終えることができ、なんと言っても去年はとても天気がよかったのです!!
会期中、すっと晴天でさくらも満開でした。でもお花見はできなかったので、今年はそんなこんなを思い出しながら、ゆるりとお花見したいです♪


写真は「色泡ロックグラス」です。去年の展覧会でこのシリーズをいろいろ作りました。底に大きな2色の泡が入っていて、まわりに小さな透明の気泡が浮かんでいます。
私は気泡好きで、ついつい気泡をいれてしまいます。ガラスの中の気泡は見飽きないんですよね〜♪
by ma-glass | 2010-04-04 20:06 | ガラス作品

やわらかい曲線

f0225144_7491754.jpg


気がつけば4月1日!! 早いですね〜(焦) 
本格的にガラスのシーズンに突入します。どんどん制作していかないと…(焦)

以前、今期のテーマは「型吹き」という話を書きました。
型吹きをしつつも型を使わずに吹くこともあるわけで、その宙吹きで出来る丸いライン、やわらかな曲線はやはり良いですね〜!

ガラスはよく繊細ではかなげといったイメージを持たれることが多いかもしれませんが、手作りのガラスは程よい厚みがあり、丸みややわらかい線を持っています。特に型を使わない宙吹きで作ったものは、やわらかくぬくもりを感じるガラスだと思います。
口当たりのやわらかさは手作りならではですので、もし機会があれば試してみてくださいませ。

型吹きのピッとしたラインもステキですが、宙吹きのやわらかい曲線はやはりなんともいえず好きです♪

写真は「泡ラウンドたわみ鉢」です。丸い鉢のサイドをつぶして楕円にたわませています。小さい方はサンドブラストですりガラス状にしています。
by ma-glass | 2010-04-01 17:59 | ガラス作品