ガラスのしずく

f0225144_21374356.jpg



今日は暖かかったですね~。と言うか、ぬるかった気がします(笑) 
三連休の初日ということで、京都の観光地・祇園の人の多さは、スゴイ×100ぐらいでした。工房へはバスで通勤しているのですが、ザ・観光地の祇園界隈を通っていくので、観光シーズンは道が混んでなかなか大変なのです。
今日は、夜になってもみんなコートを脱いで歩いてましたよ。春だ!春だ!

さて、前回 白木蓮のしずくの話を書いたので、せっかくですからガラスのしずくの話です。
しずくは私のガラスの原点だと思っています。 

まだガラスもやったことがないし、ましてや仕事にするなんて考えてもいなかった学生時代・・・
とある観光地のガラス工房のショップでしずくの置物を見つけたのです。オパールがかった透明のしずくで、本当に小さなものだったし、学生の私には高いものだったのです。
ですが、迷わず買ってしまったのです。

それから、2年後にはガラスを始め、さらに3年後にはガラス工房で働いていました。あの時買った小さなしずくが常に私の中にあった気がします。
そして今も、私の部屋に大きな存在で、自作のしずくと共に鎮座しております(笑)


写真は「しずくのペーパーウエイト」です。
サンドブラストで表面を薄くすりガラスにしています。中の気泡が少し見えるのと、表面の水玉やしずく模様がアクセントですね~♪
by ma-glass | 2010-03-20 22:20 | ガラス作品